2月13日の対ニックス戦を振り返っての八村塁についての所感

didinba

こんにちは。didiです!さっそく今日の八村塁の活躍を振り返っていきます。
20200213120616fe8.jpg


【スタッツ】
23分出場 fg率3-7 3p0-1 ft2-3 5リバウンド1アシスト ファウル回数3の合計8点

【ハイライト】


【ショットチャート】
202002131210267e0.jpg


【所感】
《オフェンス》
正直本調子ではなかった八村。
出場時間、アテンプト(試投数)の少なさから分かる通り、スコットブルックスHCもそれに気付き出番は少なかったです。
その少ない中でもオフェンスの姿勢は素晴らしいものであるといえるでしょう。
ショットチャートをみれば分かる通り、今回はペイントエリアでのシュートか3pシュートしかしていません。
イージーなシュートの多くは落としてしまったものの、シュートにいくまでのアタックは完璧で、あまりミドルレンジシュートに頼らず効率的に攻められたと思います。
ファウルも2回の合計3本分貰い、少ないシュートアテンプトの中でもしっかりとファウルを獲得することが出来ました。
2日連続の試合の中で、不調ではあるものの自分にできるパフォーマンスはこなせたと思いますね。

《ディフェンス》
今日はディフェンスも不安定でしたが、それは色々監督に試されたマッチアップだからじゃないかと思います。
いつも通りジュリアスランドルとのマッチアップもありましたが、例えばガードのエルフレッドペイトンや、ときには身長213cmのセンター、ミッチェルロビンソンについていた時もありました。
不安定といえたのはこの所謂"ミスマッチ"、体格さの違う選手とのマッチアップでしょう。
特にミッチェルロビンソンなんかは、八村塁の後ろからリバウンドをもぎとり、ゴールに押し込んでいました。
これはどうしようもなかったんですが、ディフェンスの穴にならなかっただけでも良かったのかなと。
ディフェンスの所々に疲れが見られたように感じましたが、まぁ2日連続の試合だし、しょうがない。

【総括】
疲れも相まって不調だった今日。
後半なんかはあまりボールも回ってきませんでしたね。
だんだんとゴールにアタックする技術やファウルを貰う技術が上がってきたのが良いところでしょう。
次の試合は2/22(現地時間)のキャブス戦までないので、体を休めてまずはライジングスターチャレンジを楽しんで欲しいです。

【最後に】
ここまで読んでくださりありがとうございました。
今日はウィザーズ全体としても不調でしたね。2日連続の試合ですから疲れが溜まっていたのでしょう。
そんな中でもしっかりとしたパフォーマンスを見せたブラッドリービールやイシュスミス、シャバズネイピア等のベテランガードは凄い。

スポンサーサイト



Posted bydidinba

Comments 0

There are no comments yet.