僕の考える八村塁についてのあれこれ

こんにちは。didiです。
シーズンが始まり1ヶ月が過ぎようとしていますが、私にとっての八村塁とはどのようなものか書き連ねたいと思います。

《知るきっかけ》
高校の頃、宮城県にある明星高校のバスケ部が強い、特に八村塁がヤバい。とバスケ部の友達に聞かされ、調べたのがきっかけです。自分の高校も明成高校と戦い、案の定八村にインサイドを荒らされボロ負けしていました。

《八村を観始めた頃》
八村がアメリカにあるゴンザガ大学に入学してからです。八村が出場したゴンザガ大学での試合は全て観ました。(ハイライトも含みますが)

《何故観始めたのか》
元々nbaが好きだからです。中学の頃nbaを知り、どはまりしていた僕は、八村がアメリカの強豪大学にいったと聞き、nbaにいけるのではと思い、観始めたのがきっかけです。

《筆者の八村についての評価:コート外》
素晴らしい人間性の持ち主ですよね。非常に穏やか。そして家族を大切にする素晴らしいメンタリティを持っています。短期間で英語を取得、そしてアメリカの大学で単位をとる賢さも兼ね備えています。

《筆者の八村への評価:バスケットボール》
まず目立つのはサイズ。203cmとセンター以外のすべてのポジションをこなせます。そしてウィングスパンが218cmと非常に長く、ディフェンスでも他の選手より有利です。
そしてスキル。現地でも名ポイントガードであったレジェンド、チャンシービラップスにも比較されたようにオールスターであるカワイレナードに近いものをもっています。
得意なミッドレンジショット、力強いゴール下、ポストアップ、3pシュートなど多彩で、カワイレナードに比較されたように長い手でのスティール、ブロック等のディフェンススキルも兼ね備えていますね。
最後にメンタリティについて。八村は非常に努力家だと思っています。短期間での英語の取得でもわかるように真面目で、バスケットボールにも真剣に取り組みます。高校時代と大学時代、そしてnbaサマーリーグ、本シーズンと、めきめき実力を上げ続けています。今後キャリアを過ごすにあたって上手くなる一方でしょう。
マンバメンタリティとして選手から尊敬される、名選手コービーブライアントと近いものをもっていると思っていますので、これが八村の持つ才能のなかで最も素晴らしいものだと思いますね。

《最後に》
ここまで読んでくださりありがとうございました。
とりあえず筆者が考える八村についてを羅列してみましたが、まだまだ書ききれない事も多数あります。
今後はさらに詳細に更新していきますので宜しくお願いします。


20191122011454bbc.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント